今世間でインフルエンザやノロウイルス等のウイルス性の病気がまた広まり話題となっております。現在インフルエンザやノロウイルスなどの病気に罹って、いやもうすでに罹った方もおられると思います。このウイルス性の病気に罹る一番の原因の一つと考えられるのが免疫力の低下だと思われています。この免疫力の低下に対抗するフコイダンとはどの様なものなのか、また抗菌作用やその効果などを少しお話さして頂きます。そもそもフコイダンとはどの様なものかですが、皆さんもよくご存知の昆布、ワカメ等の藻類の粘質成分、ネバネバ成分ですね、このネバネバ成分に多く含まれる食物繊維の事を言います。このネバネバ成分に含まれるヨードと呼ばれる物質があります。このヨードに抗がん作用があるとされております。また抗酸化作用、抗菌作用も研究の結果報告され世間に広まったものだと考えられます。最近では健康補助サプリメント等でも良く知られておりますが、直接の摂取の仕方としては、やはり昆布やワカメを調理で頂くのが効果的だと思われます。またもっと簡単に頂くなら昆布茶なども効果的です。これからは予防としましてまず病気に罹りにくい身体を創る事からこの海藻類などに含まれる成分、フコイダンで免疫力の向上を心がける事をオススメ致します。

フコイダンの抗菌作用

フコイダンには抗菌作用があるとされている。その成分は昆布やもずくやワカメなどの海藻類のヌルヌルとした成分に含まれている。海藻は海水の中で荒波に揉まれて岩によって傷が付くのを防いだり、海水から出た海藻を乾燥から守ったり、海藻に付いた傷を細菌から守ったりする抗菌成分が含まれている。この海藻に含まれる成分は人間の体にも同じような効果が期待できるのではないだろうかと考えられている。その効果は胃の粘膜を保護し、ピロリ菌を駆除できると考えられている。胃の粘膜を守りながら、ピロリ菌を駆除できる効果は魅力的であるが、胃に対してだけでなくフコイダンの抗菌作用は、インフルエンザにも有効という話もある。うがい薬に含まれているヨウ素と抗菌作用のフコイダンを昆布は両方含んでいるためインフルエンザの感染を抑制する効果があるとされている。また、もずくに含まれている成分が抗ガン剤の副作用抑制剤として特許取得されたという。海藻の成分はさまざまな病気に対して効果があり、これから先も新たに有効とされる効果が発見されることが期待されている成分だ。日本人にとって身近である海藻類が体にとって良い成分が多く含まれていることは嬉しい話だ。

Leave your Comment

*